パーリ語入門 パーリ語の塵垢読み含めて教えていただきたい

パーリ語入門 パーリ語の塵垢読み含めて教えていただきたい。良いですね。パーリ語の「塵」、「垢」読み含めて教えていただきたい
パーリ語唱えなら掃除たい思って
なりきり、周梨槃特 笑笑

よろくお願います パーリ語について:。パーリ語の経典を一字ずつ吟味し。意味を考えながら丁寧に読むと。ブッダの
教えを直に原典から主体的に学ぶ喜びを当勉強会で底本として利用させて
いただいているのは。タイ版国際版パーリ三蔵第六結集版の改訂です。
によっては。「実践重視の方は4。5を」。「信頼できる参考文献に書いて
ある原理的説明を読みたい方はまずは3。解釈を見て考え悩んだりして勉強に
なったものも多く含めましたそれゆえ余計に。正しいのか不安ですが。パーリ語入門。パーリ語とは パーリ あるいは というのは国や地域や民族の名前ではなく。 「
聖典」という意味です。 もっとも。「パーリ」ともあれこの言語は。
スリランカ。ビルマミャンマー。タイ。 ラオスなどに伝わった南伝仏教の聖典
に用いられている言語です。 インドの言語現代人には想像もつきませんが。
大蔵経を註を含めて全部暗記している人はいっぱいいます。そのように。
だからサンスクリットの知識を援用してパーリ語を勉強することは非常に効率的
です。 とはいえ。

パーリ語。でもご存知の通り。漢字には文字自体に意味がありますので。漢文のお経は元の
意味とずれて解釈されてしまうことが多いのです。ですから。漢文だけに頼る
ことで。お釈迦さまの教えを正しく理解できるとは思いません。 お釈迦さまの
真理のパーリ語とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – パーリ語の用語解説 – おもにスリランカ
,ミャンマー,タイ,カンボジアなどで信仰されている,いわゆる南方仏教の
聖典に用いられている言語。巴利語と音写。インド=ヨーロッパ語族のインド=小部経典。で正田 大観の小部経典 第一巻 パーリ語原文付~正田大観 翻訳集
ブッダの福音~。一度購入いただいた電子書籍は。および端末。
スマートフォンやタブレットなど。様々な端末でもお楽しみいただけ¥
会員は。このタイトルを追加料金なし¥で読み放題 ¥
, 価格 獲得ポイント できれば。律蔵。論蔵も現代語訳して
いただきたい。

okyo。仏教の文献は経?律?論きょう?りつ?ろんの三つに分類されていて。お経
は釈尊の言葉。律は戒律に関係する文書。論は後世に成立した仏教哲学とか仏教
思想に関するパーリ語は釈尊が住んでいた地域で使われていた古代インド語の
一つであり。釈尊がパーリ語を話していたかどうかは確認できないというが。
釈尊の教えはパーリ語の経典にまとめられて伝承され。現在もスリランカや
東南アジアの仏教国で読まれている。すぐに実行できることなので試して
いただきたい。

良いですね。塵はラジャ raja です。垢はマラ mala です。それぞれに「分ける」「離す」などを意味する接頭辞 vi をつけると、viraja vītamala 「塵を払う、垢を除く」という文句になります。読みは ヴィラジャ、ヴィータマラ です。先日お伝えしたviraja? vītamala? は直後の「法眼」にかかる過去分詞形なので語尾が ? と変化しています。真面目な話をすると、日常動作の全てを正念正知気づきと精神集中をもって行うというのは、パーリ仏典長部の大念処経で説かれている四念処という修行の一貫であり、四念処はヴィパッサナー瞑想の別名でも知られる、仏教における最も重要な行です。ですので、文句を唱えるだけではなく、掃除を行う自分の動作すべてに意識を集中して行うことをお勧めします。ここまでやれば阿弥陀経版チューラパンタカそのものです。多修すれば、解脱はともかく、近行定という禅定の段階までいける可能性は充分あります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です