ビットコイン いま下記の記事読んでるんソブリン通貨のこな

ビットコイン いま下記の記事読んでるんソブリン通貨のこな。この記事はMMTに関するものですね。いま下記の記事読んでるん、ソブリン通貨のこなのでょうか 用語の説明お願いたい
https://www newsweekjapan jp/noguchi/2019/07/mmt1_3 php誰も教えてくれないけれど。朝山氏はビットコインと国産暗号通貨のモナーコインを扱う国内向け取引所の「
」ザイフを暗号通貨関連サービスを開始。運用して
いる立場から書かれた解説記事だという点は留意してほしいのだが。ネットに
載せるには。かなり長い文章だが。ブックマークしておいて後でじっくり読んで
ほしい。そしてある意味一般的な通貨や銀行よりも「信用できる」ものなので
ある。世の中には「乱数」という言葉があるのをご存じだろうか?

暗号資産仮想通貨って何。仮想通貨は。インターネットを通じて不特定多数の間で商品等の対価として使用
できるもので。ビットコインをはじめとして様々な種類が存在し。取引量は増加
傾向にあります。 暗号資産仮想通貨に関する制度整備 暗号資産仮想通貨ビットコイン。暗号資産仮想通貨。特にビットコインを少しでも調べたことのある方であれ
ば。採掘マイニングという言葉を度は耳ビットコインの
マイニング報酬は。年月現在なので。もしマイニングに成功すれば
報酬として毎日大量のビットコインが取引所で売買されていますが。もともと
ビットコインはどのようにして仮想通貨の市場に流通するようになったのでしょ
うか。投資ということで。利益が出るのかどうかということにフォーカスを
当ててみます。

「黎明期にある仮想通貨をどう捉えるか」第69号。第号「黎明期にある仮想通貨をどう捉えるか」の記事です。「情報学」は私
たちが生活する社会をどう変え。未来にどのような価値を生み出すのか。国立
情報学研究所の広報誌「 」は。情報学研究の最先端をみなさまに

この記事はMMTに関するものですね。ここで「ソブリン通貨」と言っているものは「主権通貨」ということなんですけれど、これ、コラムを書いている野口先生がどの程度ご理解しているのか分からないんですが、「ソブリン主権sovereign」という言葉は例えば日本でweblio で引いてみると名詞として1主権者,元首,君主,国王.2《主に英国で用いられる》 ソブリン 《1 ポンド金貨; 現在は使用されていない; 略 SOV.》.形容詞として1a主権を有する,君主である.sovereign authority 主権.b〈国が〉独立の,自治の.a sovereign state 独立国, 主権国家.2最上[至高]の; 卓越した.the sovereign good 倫理学 至上善.3〈薬が〉特効のある.a sovereign remedy 妙薬, 霊薬.とあります。英英辞典を調べると例えば Cambridge Dictionary で引くと、[ before noun ] having the highest power or being completely independent:[名詞の前につける]最も高い力権力をもっている、あるいは、完全に独立しているで、普通、「ソブリン主権通貨」というと要するに主権国家が発行している通貨、という意味になります。実際、先日来日したケルトン氏なども「自国通貨を発行している国の国債は破綻しない」と言うようなことを説明していたまあ日本語訳を通じてですがとされています。でも実際には、ケルトン自身の論文を読んでみると単に「主権国家が発行している通貨」というような意味ではないんですね。主権国家が発行していようとどうしようと、もしその通貨が金や銀との交換や、一定比率での外貨との交換、あるいはその他財?サービスとの交換を約束している場合にはそれは、彼らが言う意味での「ソブリン通貨」ではありません。むしろ、彼らが言っている「ソブリン」というのはweblio 辞書の形容詞の2の意味、2最上[至高]の; 卓越した.the sovereign good 倫理学 至上善.ということなんです。これはケンブリッジディクショナリーのhaving the highest power or being completely independent最も高い力を持っている、あるいは完全に独立しているということでもあるんです。つまり、世の中には、様々な経済主体がいて、様々な債務を発行している。こうした債務は、それぞれそれを受け取った人によって、自分自身の債務を決済するための手段として用いられることになる。ところが、債務を発行した人会社自身は最終的にその債務を決済しなければならない。この時、どのようにして決済するか、というといくつかの方法があり、1. ほかの人が発行した債務で支払う2. 実物財?サービスを提供する3. その債務を保有している債権者に対して、その債務を発行した債務者自身が持っている債権と相殺すると、基本的にはこの3つのやり方があるのです。ここで1.の、他の人が発行した債務で支払う、というのは、例えば、私たちが自動車をローンで買って、で、毎月、一定額を銀行口座から引き落としされることなどが該当します。私たちは自動車購入に伴い発行した自分自身の債務ローン債務を毎月、銀行に対する債権銀行預金で決済している支払っていることになります。銀行預金というのは銀行の預金者に対する負債です。また、会社などでは、よく、自分人の仕入代金債務を他の会社が発行した借入証文手形で支払うことがあります。これを手形の裏書譲渡と言います。ですが、この場合、自分自身の債務を決済するために使われる第三者の債務は何でもいいわけではありません。例えば、全く信用のない会社が振出した手形では、裏書譲渡しようとしても受け取りを拒否されてしまうことがあります。さらに、法律によってある種の債務は特定の債務でしか支払えないことがあるのです。例えば、日本では企業は月給支払い日に1か月の給与をまとめて支払いますが、これは従業員に対する会社の負債です。この債務の決済には、法律により銀行預金銀行の負債か現金日銀の負債を使うことを義務付けられていますストックオプションなどの例外がないわけではありませんが。つまり、債務決済手段?貨幣というものには序列があり、ある債務は、他のある債務を決済するために使うことができるけれど、別の債務は、そのために使うことはできない、ということになっているわけです。こうした債務MMTは、決済に使われる債務全体を「貨幣」と呼んでいますの階層秩序ピラミッド、あるいはヒエラルキーと呼びますの頂点にある債務通貨のことをMMTでは「ソブリンピラミッドの最頂点にある通貨」と呼んでいるのです。正確には、この債務の価値を記した「数字」のことを「貨幣」と呼んでいて、それと債務は区別されるのですが、ここでは簡略にしています。ここで、「ヒエラルキーピラミッドの頂点にある」ということの意味ですが、これは「その債務のピラミッドのより下位にある債務の決済には必ず使える」ということと、「その債務の決済のためには、他の誰かが発行した債務例えば外貨や、実物財例えば金?サービスの提供を必要としない」という二つの条件が必要になります。第二の条件は、要するに「その債務より上位に位置する債務は存在しない」ということです。そうなると、その債務を償還する方法は、第三の「自分自身の債権と相殺する」ということだけになります。例えば銀行は、融資を実行するとき、融資先の銀行預金口座に預金を振り込みます。これは要するに、銀行が自分自身の負債を融資先に貸し付けている、ということです。そして債務者が銀行に返済をするとき今度は銀行はその債務者の預金口座から預金を引き落としします。預金は銀行自身の負債です。つまり銀行が融資先に対して持っている債権貸付金と融資先が銀行に対して持っている債権預金とが相殺されることで銀行の貸し付けは返済決済されています。この様に、実際に債務者が債権者に対して、必ず別口の債権を持っていて自分自身が債務者であると同時に債権者でもあるなら債務は、他に何の金融資産も実物資産もなくても決済が可能になるわけです。銀行の場合には、実は預金を発行するとき様々な義務を預金者に対して負っています。銀行は預金者に対して、日銀券による払い戻しを約束していますし、他の銀行の預金口座への送金他の銀行の負債との等価での交換、政府への納税や社会保険料納付の代行などです。これらのサービスを実行する場合、銀行は日銀に対する債権日銀券及び/または日銀預け金を必要とします。もし預金者の請求があったときに日銀券に払戻しができなかったり他の銀行の預金口座へ送金ができなくなったらその銀行は債務不履行を起こしたことになり、下手をすれば取り付け騒ぎが発生します。しかし、日銀だけはこうしたリスクを持っていません。なぜなら、日銀の債務日銀券?日銀当座預金?政府預金は銀行自身が日銀に対して負っている債務との相殺か財務省が日銀に対して負っている債務国債の日銀保有分との相殺を約束しているだけだからです。日銀は、自分自身の債務を償還するため、他にいかなる資産も必要としていません。そのため、赤字になろうと債務超過になろうと、決してデフォルトする恐れはないのです。そして、法律により、租税や社会保険料、罰金の納付には絶対に日銀の負債を使うことが定められており、そしてこれらの負担は必ず多くの国民会社に対して少なからぬ金額で発生しています。これがある限り日本国内で経済活動をする経済主体はかならず何らかの形で日銀に対する債権へのアクセス権その代表は、民間銀行の預金通貨を保持していなければなりませんし、そうであれば、たとえ自分自身は税金を支払っていないひとでも、日本にいる限り現金日銀券による取引を拒みはしないでしょう。この様に、MMTが言うソブリン通貨とは「債務ヒエラルキーのトップにある」という意味であって、単に主権国家が発行する、というような意味ではない点に注意してほしいのですが、、、、しかし、この野口先生という方がそこまでご理解しているかどうかまではおいらにはわかりません。まあ、この記事は、一応、Mitchell, Wray et al の教科書や、Wray の入門書も読んで書いていることになっているので、その辺は大丈夫だろう、と期待したいのですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です