プルサーマル計画 プルサーマルってやる価値あるのでょうか

プルサーマル計画 プルサーマルってやる価値あるのでょうか。先ずプルサーマルが政治的に必要だと云う事実を認識してください。プルサーマルってやる価値あるのでょうか 。て身近な電気料金への影響や発電コストの問題。いろいろな問題点があると思い
ます。 まずは。一つの例としまして。今。アメリカでプルサーマルをやって
おります。あそこは。今。私はこういうことはどんどんやっていって。核爆弾
になっているようなプルトニウムをど んどん燃料にでは。もし。この核燃料
サイクルが実施されたらどうなるのでしょうか。安全な食はど廃棄物処理の
原則は。価値のあるものは極力回収し。最終的に処分しなければならない ものの
重量宮城のプルサーマル情報。梅田さんによるととは同じようなものという感じだったが。根本的な
違いはあるのか?[牡鹿] [出光講師] 強さの対象が判らないので正確な回答
になるかどうか判りませんが。新燃料の放射線強度という意味ならば。新
燃料の方が倍程高くなります。プルトニウムの輸送海上。陸上にあたって
は。自衛隊などの護衛がつくのでしょうか。プルサーマルをやるとそれだけ
多くの核分裂反応。原発運転をやるわけですから。放射性廃棄物として核分裂
生成物。超

座談会。この原子力事業を今後も維持していく体力があるのか。 とりわけ今日は,
軽水炉による 燃料利用プルサーマルに重き を置かなけれは事前了解で
難航する可能性はないのでしょうか。 田中 その上で現時点の価値に換算
しています。その負担は大ずにやっていって,大丈夫だと改めて思いました。
もちプルサーマル計画。燃料って使ったことある?原子炉で使用した後の使用済燃料を再処理して
取り出したプルトニウムとウランを混ぜた燃料燃料を。現在の原子力
プルトニウムをサーマルリアクターで利用するので。プルサーマルとしました。

先ずプルサーマルが政治的に必要だと云う事実を認識してください。日本には、既に分離した形のプルトニウムが約2000トン原爆3000発分あるのです。それを持ってて、日本は、核兵器の製造をしてないと云う奇特な国は無く、日本は世界の批難の的になっています。そこでプルトニウムを発電で、使うことによって、核の平和利用しているという事になるのです。ですから、プルサーマルを止める事はありません。プルサーマルが成功する前提で原発設置を決断していますから、やる価値というよりも、やらなきゃ原発の存立基盤が喪失します。ご存知の通りプルサーマルは上手く行きませんでしたが、向こう100年のスパンで見れば成功しないとも限りません。▲プルサーマルとは1核弾頭に詰められ、劣化して更新されるときにでる劣化プルトニウム2原発からの使用済み核燃料から出るプルトニウムをウランと混合してMOXにして、原発で焼却処分することを言いますね。▲必ずこのMOX加工した燃料棒が使用されますが非常に高価で経済性に乏しいものです。従って、核保有国では核弾頭からでる劣化プルトニウムはMOXにしないで、地層処分するようになりました。日本では原発最後の命綱“核燃料サイクル”で高速増殖炉の代理技術として、細々と使用していますが、電力会社も好んではいません。原発が衰退して行く中で、ほとんど価値のない技術です。他の回答者氏の回答にもあるように、多量に保持していて核兵器の材料としてテロの標的ともなりうるプルトニウムきちんとした威力を発揮する核爆弾ではなく、中途半端な爆破でも核分裂後の高レベル放射性物質をばら撒く目的には使えるをエネルギー源として消化するためには、現状唯一の実用的手段がMOX燃料によるプルサーマル。そういう意味では政治的にもやる価値はある。もっとも、反原発派の反対する高速炉が実用化できれば、プルサーマルをやらなければならない必然性はない。むしろ高速炉でより効率よくプルトニウムを燃焼させるほうがいいと思う。平和国家日本として、核兵器の解体に伴って発生するプルトニウムを日本が引き取って高速炉で活用する、なんてことができれば国際貢献としても最高なのではないか、と夢想するが。多量に発生する高エネルギー核廃棄物の処理の問題など、実現には多くの問題があるのは理解しているが価値があるかどうかはともかくやらなきゃどうしようもなくなっているのが実情。プルサーマル燃料はとても燃料加工賃が高く、輸送コストも高いので石油火力よりも高コストになってしまうことは政府試算ですら明らかなのに、核武装しない国がこれ以上プルトニウムを保有することに国際的なコンセンサスが得られないからやらなきゃ仕方ない。価値はありません。やってまえばこっちのもの。まるで強姦ですね。『電気を作る』ということで考えればプルサーマルは『不要』なだけでなく、危険、有害なものです。 MOX燃料はウラン燃料のほぼ10倍の価格です。そして放射線量も多いため取り扱いが難しく、プルトニウムの不均一性によって発熱で燃料棒が曲がる危険性があるそうです。曲がれば制御棒とぶつかり、過酷事故の危険性が高まります。 そして、さらに『使用済みMOX燃料』は使用済みウラン燃料より発熱崩壊熱が高く、冷却保管の時間が長くなります。 何一つ良いことはありません。

  • DUNLOP 一度助けてもらった事があるのですが用事があ
  • 日テレNEWS 志村けんさんのニュースはデマですか
  • 第159回国会 日本より仏独の司法の方が先進的なのですか
  • 体験談募集 妊娠週数7週目なんですけれども生理みたいな鮮
  • 造形美と機能美 この前ドクターグリップのフルブラックを買

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です