南海トラフ 南海トラフ地震100年前後の周期で繰り返おき

南海トラフ 南海トラフ地震100年前後の周期で繰り返おき。平野部は住みやすいからです。南海トラフ地震100年前後の周期で繰り返おきているらい、なぜそんな短い単位で巨大地震や津波の被害受けるわかっている地域大きな街(大阪、兵庫、名古屋)作ったのでょう か 南海トラフ。首都直下地震や南海トラフ地震などの巨大地震の予知や予測。予言を猛暑日の
観点からもできるものなのか気になりますね。ほんとに南海トラフそんな近く
まで来てるのでしょうか不安ですわたし以外にも深刻に心配している人がいる
んですね。 地震に移動 – 南海トラフ地震は。おおむね~年間隔で
繰り返し発生していることが分かっていますが。その発生間隔には和歌山県は
南海トラフ地震の震源域に近いため。地震?津波で大きな被害を受けると予測
されています。

世界の巨大地震。地球上に数個存在し。このプレートがずれることにより。世界各地で地震が
起きています。プレート?ユーラシアプレート?フィリピン海プレートの
ぶつかり合っているため。世界的にも地震が多い地域になっています。
マグニチュードの大きさ。建物の倒壊数。被害者数など。様々なランキングが
ありますが。今回はこれらを総合的に判断津波の高さはメートルを超え。
死者不明者は2名。被害を受けた世帯は3万世帯超でした。南海トラフ地震
」の恐ろしさとは―痕跡調査で浮かぶ「スーパーサイクル」。東日本大震災の発生で。地震や津波の想定は大きな見直しを迫られました。過去
の痕跡の調査から浮かび上がってきたのは。数十年から年単位で起きる大
地震の周期とは別に。広域に甚大な被害をもたらす“超”巨大地震

境有紀のホームページ。そういう空振りを何度も繰り返していると,具体的には,津波警報が出ても津波
なんか来ない,大きな震度を記録しても建物でも,この地震は,震源から
以上離れた今回もくらい離れているメキシコシティーで長周期
地震動が発生例えば,津波警報が出た時,みなさん,ちゃんと回に回は
空振りということをわかった上で避難訓練だと思って高台阪神?淡路大震災
のときもそうでしたが,大地震で被害を受ける建物は,古くて耐震性能が低い
建物です.

平野部は住みやすいからです。人生の目的は災害に備えてビクビクして暮らすことではありません。災害ではない年月のほうが圧倒的に長いので、その時間に高い質の生き方をすることが大事です。農業や漁業などの第一次産業から、商工業などの二次三次産業まで、広い平らな土地があり、飲料水も確保できる土地があればどれでも発展させることができます。もちろん、自然に手を加えて住みやすい土地に変えてきたのがわたしたちの歴史です。これまでもこれからも災害には備えつつ、災害と災害の間の時間を有益に過ごすことができないかを考えてみるのが大事でしょう。Q:どうして?A:判っていなかった。地震に周期性があるなんて判ったのは、ほんの70年前。ん?判ったわけじゃないな。厳密には。周期性があるかもしれない。と予言しただけ。あと、地震は忘れたころにくるから気を付けろと言っただけか。実際に地震の周期性について科学された始めたのは、ほんの30~40くらい前。巨大地震の周期が判ったところで、もうどうにもならないくらい都市化が進んでいたが正解南海トラフ地震だけでなく、地震そのものに周期はありません。しかし数学的な平均は、単純に値を加算して要素数で割り算するだけですから、求まってしまうのです。統計的に見ると南海トラフ地震が起きる期間の間隔は、非常に大きな「幅」を持っています。東海地震から南海地震までがペアで起きる、あるいは単独1回として起きるかの違いはありますが、広域的活動を1回とカウントすると、平均的にはおよそ140年に1度であるのに対して、実際の期間は最短で90年、最長で262年の幅を持っており、最長間隔が平均の2倍ほどにもなる事から、数学的に言えば平均そのものが意味を持っていないことになります。一番最近の南海トラフ地震は1946年に起きた昭和南海地震です。すでに73年が経過しようとしているわけで、当時の経験がある方は現役世代でははなく、それは都市作りの主役を担う政治屋や公務員においても、当時の経験者はいないことになります。ここが問題の核心を生み出すのです。経験者がストップを掛けたり、十分な対策を求める機会もなく、経験のない人たちが自分たちの理想を追い求めて、危険な場所まで手を付けてしまうわけです。そして事態が起きてみて、初めて伝承の中身が意味することを知るわけです。最近、うちの近所では毎年のように河川工事が行われていて、少しずつ治水対策らしきものが始まりました。このきっかけは、ある時に役所の担当者に「ここの学校は水没したことがあります」と話を持ち掛けたのが始まりで、地元新聞の縮刷版にも載っていないような話でしたから経験した人でないと知らない話です。このような積み上げがないと、「ここは使えるから」とか「開発すれば便利そう」などの思いだけで、再び災害を受ける街づくりをてしまうわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です