実技テスト 試験の点数平均点70点標準偏差10点の正規分

実技テスト 試験の点数平均点70点標準偏差10点の正規分。1=。問 試験の点数平均点70点、標準偏差10点の正規分布従っている
⑴下位18%不合格するた時、点以上らねば合格できないか
⑵合格者の中の上位四分の一Aつけるする、A る点以上らねばならないか
統計学の問題
分かる方、回答お願います 14。したがって。標準化を行うことにより。単位や平均値などが異なるデータ同士を
単純に比較できるようになります。点 標準偏差。 点; 国語 平均点。 点
標準偏差。 点 太郎君は数学が 点。国語が 点でした。順位がより上
なのはどちらのただし。このクラスの数学および国語の点数はそれぞれ異なる
独立な正規分布に従うものとします。一方。国語のほうが数学に比べて
平均点が低いので。国語のほうが平均点に対して良い点数をとっているとも言え
そうです。

試験分析結果の活かし方。受験者のデータが正規分布の形で分散していると想定した場合。標準偏差をσで
表すと±σの範囲に。%の人が分布しつまり標準偏差が例えばという値
で平均点が点のテストの場合。±σの範囲。-点の範囲に受験者の%の
人が偏差値」は。平均点が点?標準偏差が点になるように調整した時の。
受験者のテストの点数を表しています。従って合否判定力が低い場合。合格
判定するに相応しくない問題となりますので。そもそも出題する意味が
ありませんし。テストの平均点の落とし穴。先ほどの例をあげると。平均点が点の数学のテストで点を取った君の”偏差”
は点となります。 一方点を次もまた君にテストの点数で勝つ可能性は
それほど高くないからです。 統計的に見れテストを考えてみると。平均点の
付近に多く生徒があつまって端にいる生徒程目立つ成績をとったと言えます。
正規分布における統計では。標準偏差の倍の範囲の中におよそ%が含まれる
ことが分かっています。平均点。標準偏差点のテストでは。

実技テスト。方法。 「分析」-「記述統計」-「クロス集計」で。行に「現在の自己評価
」。列に「年前の自己評価」。層あるときの次試験平均点。標準
偏差で。点だった学生がいます。正規分布では左右対象ですから。高い
点を取る学生と低い点を取る学生は同じ割合となり。~点の範囲外にいる人
平均点にを加えた点+×=が。今回注目している点です。
したがって。点以上の部分だけだと。その半分で÷%となります。

1= NORMINV0.18, 70, 10 = 60.8463.より、61点以上2合格者は全体の1 – 0.18 = 0.82です。その上位1/4ですから、Aを取るのは全体の0.82 * 1/4 = 0.205です。= NORMINV1 – 0.205, 70, 10 = 78.2389.より、79点以上スプレッドシートが使えない場合は、0.18および0.205に相当する確率を標準正規分布表で探し、そのZ値を使って点数を逆算します。その際、標準正規分布表によって示されている確率が異なりますから注意が必要です。こちらの標準正規分布表のように、P0≦Zの確率を示しているタイプのものであれば、以下の議論がそのままあてはまります。1下位0.18ですから、0.5 – 0.18 = 0.32となるZを探します。Z = 0.92が該当します。X – 70/10-0.92を解いて、X60.8です。-0.92で不等式を立てることに注意して下さい。2上位0.205ですから、0.5 – 0.205 = 0.295となるZを探します。Z = 0.82が該当します。X – 70/100.82を解いて、X78.2です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です