未解決の物語に続く意外な展開 イエス旧約聖書書いてあるこ

未解決の物語に続く意外な展開 イエス旧約聖書書いてあるこ。質問を考えるにあたっていくつかの論点がある。イエス旧約聖書書いてあるこ信じてたのでょうか
(旧約聖書制定されたのAD90だ言われてますので
色々混在ていた時期である) 未解決の物語に続く意外な展開。旧約聖書も似たようなものです。その物語は決着もつかずに終わってしまい。
読者はとてつもないモヤモヤ感に駆られます。次に何が起こるのでしょうか?イエスの福音への招き「弟子たちはすぐ。イエスが。聖書に書いてあるとおり苦しみを受け。十字架にかかり。人々の罪の
赦しと救いのために復活するイエスの受難と復活はすでに旧約聖書で預言され
ているとイエス自身が言っています。を裂いてくださったときになって初めて
。エマオの弟子たちは。その人がイエスだと分かったのでありました。なぜ
彼らは恐れおののいたのでしょうか。わたしたちも。復活してイエスに直接お
会いしたことはないが。復活を信じて生きた人々と出会ってイエスの

イエス。イエス?キリストって誰? イエスは神ですか?イエスが罪を犯す可能性はあっ
たのでしょうか?旧約聖書のどこにキリストの来られることを預言しています
か? イエスがキリストの復活をなぜ信じなければならないのですか? イエス
のヨハネとでイエスがことばであると書いてあるけれど。どういう意味
?旧約聖書も信じないと救われないのですか。ないし。信じたくもありません。新約聖書を信じていても。 旧約聖書も信じ
ないと救われないのでしょうか。いつものようにつ申し上げます。 番目に
。人は福音を信じ。イエス?キリストに信頼を置いて救われます。

質問を考えるにあたっていくつかの論点がある。①イエスが言う「聖書」とは何か?②イエスには「聖書」に触れる機会があったのか?③イエスには「聖書」を理解する能力があったのか?①について現在のヘブライ語正典は三区分からできているが新約聖書には「律法と預言者」という表現が出てくることからイエス当時は二区分であったとも言われる。一方ヨセフスや4エズラから1世紀末頃までには三区分となり「閉じられた」聖書が出来上がったともいう。ただクムランからはエステル記以外の旧約聖書のすべての文書が出土していることから、少なくとも現在のヘブライ語正典にあたる文書をイエスが正典として受け容れていた可能性はある。②についてイエス当時のヘブライ語聖書は冊子タイプでなく巻物タイプであったから、広く普及するには限界があった。筆写するには専門家が必要で、とても高額になった。だからヘブライ語聖書全巻はエルサレム神殿の書庫には存在したであろうが、ガリラヤの寒村の会堂に全巻揃っていたか疑わしい。イエスの真正の言葉はどれかということについて研究者の間で議論があるが、旧約聖書の引用あるいは暗示するイエスの言葉には詩篇やイザヤや申命記などに偏りがある点もナザレの会堂には全巻揃っていなかったことを示しているのかもしれない。③について後代のラビ文献によればイエス時代に学校がガリラヤでも普及していたというが、この点については懐疑的な研究者が少なくない。ただクムラン教団と色々な点で共通性のある洗礼者ヨハネのもとで一時修行していたとすれば、イエスは言われている以上に旧約聖書の知識があったのかもしれない。クムラン教団からは上に書いたようにエステル記以外すべての旧約聖書の文書が出土しており、そのルーツもエルサレム神殿を逃れた祭司であった可能性が高く、洗礼者ヨハネがクムラン教団となんらかの接点があったとすればイエスはかなりのインテリだったのかもしれない。イエスの論法や論争のしかたはラビのそれと共通性があることがよく指摘されているし、実際イエスは論敵からもラビと呼ばれている。修業時代のことが記録に残されていないのが残念だ。旧約聖書の多くの預言者達に啓示を与え、イスラエルの民を導いた神は、エホバですが、そのエホバ御自身がこの世に肉体を得てこられたのがイエス?キリストなのです。旧約聖書は、イスラエルの民や人々に、将来イスラエルの地に生を受け、人々の罪を贖うメシヤがもたらす新たな律法を受け入れさせる備えをさせるためのものなのです。旧約聖書はそのメシヤつまりイエスキリストを証するものなのです。 旧約聖書の預言者たちは、このメシヤについて「彼」Heと表現していますが、主すなわちエホバは「I am he」わたしは彼だよと告げているのです。この奥義をまだ現代の多くのユダヤ人たちも、また一部のキリスト教系の教派も理解していないのです。 預言者ゼカリヤは、将来キリストがエルサレムの地に降臨された時、彼らは、彼らの先祖が殺したその人は彼らの救い主、メシヤであったその事実を知り、国中の人々が嘆き泣くことを予言しています。キリストは、旧約聖書律法の教えをいろいろな箇所で引用して教えています。キリストは肉体を得て福音を宣べ伝えましたが、この地上でただ人のごとく扱われましたが、彼はこの世に肉体を得る前は、エホバとして天地万物を創造された全能の神たる御方でもあるのです。キリストがひとたび言葉を発すれば、万物はそのとおりとなってしまうのです。イエスは素朴で無知なテクトーンと言われる下層民ですから、彼が知る範囲で信じていたと思います。イエスが生きた時代、今日のようなまとまった聖書はなく、また非常に高価で、個人が持てるようなものでもありませんでした。なので、イエスのようなテクトーンと呼ばれる下層民が聖書を隅から隅まで読んで熟知していたとは考えにくいです。また、その時代のパレスチナは識字率が低く3%以下だつたようですから、テクトーンのイエスは文盲であった可能性も高いです。イエス?キリストは実在したのか?レザー アスラン, Reza Aslan,イエスの職業は、大工もしくは建設労働者を意味する『テクトーン』だったという。これが事実だとすると、イエスは職人、もしくは日雇労働者だったわけで、 1世紀のパレスチナの無学者の中では、貧窮者、物乞い、奴隷よりいくらかましな最下層階級に属していたのではないかと思われる。ローマ人はこの『テクトーン』という言葉を、教育のない、あるいは読み書きの習慣がない無学者を指す俗語として使っていた。イエスはその両方であった可能性がある。現在、カリフォルニア大リバーサイド校創作学科准教授ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●ノース?キャロライナ大学教授?宗教学部長バートDアーマンキリスト教の創造p88~90Dアーマンーーーロンドン中東研究所LMEI教授キャサリンHezser。 Cathrine Hezser,Literacy in Roman Palestine Tubingen: Mohr Sieebeck,2000の研究によれば「ヘブライ大学エルサレムでの研究をしました – ロスバーグ財団フェローとドイツ学術協会によってハイゼンベルグの教授職を与えられました。これはイエス時代の識字率の研究で対象はイエスとその弟子たちです。2005年以来、彼女はSOAS、ロンドンの大学で教えています。古代のユダヤ人リテラシーの分野の研究です。Jewish Literacy in Roman Palestine – 523 ページ – Google ブッ」一世紀全体を通じて、著作を残したことが確実なパレスチナの著述家は、たった二人しかいないこともこの事実を裏付けています。1世紀前後のパレスチナの識字率は3%以下だったという研究があります。地方の村ではさらに低く1%セントに満たなかったということです。造詣の深い哲学論文あるいは込み入った宗教的論文を執筆できる人間は極めて高度な教育を受けており、例外中の例外だった。しかもこれが最盛期の状況だったのである。ましてや母語以外の言語を操れる人間などそうそういなかった。人口の一パーセントなどという話をしているわけではない。一パーセントを遥かに下回る人びとだけが外国語に通じていたのだ。パレスチナは例外だったと言う人もいる。パレスチナに住むユダヤ人の男児は、全員ヘブライ語聖書について勉強できるよう読む訓練を受けており、読むことができたなら、書くこともできただろうというわけだ。そのうえ、かの地ではほとんどの成人がバイリンガル、場合によってはトライリンガルであり、ヘブライ語を読み、現地語であるアラム語を話し、広大なローマ帝国で使われていた共通言語で意思疎通することもできたとよく言われる。だが、パレスチナにおけるリテラシーに関する最近の研究によって、●こうした決めつけがどれも正しくないということが、説得力ある形で立証された。●イエスの存在を証明する歴史的記録は存在せず、ローマの歴史家タキトゥスやユダヤ人歴史家ヨセファスはイエスに関して言及していますが、イエスを自ら目撃したわけではなく、間接的にイエスに関して聞いただけです。そこで、イエスが旧約聖書をすべて信じていたかどうかを客観的に知る方法はないので、聖書そのものの記述から判断するしかなく、結局は聖書を読んだ人の理解と信仰次第ということになります。ただし、イエスは、「私は律法を廃するためではなく、実現するために来た」と言っておられます。すなわち、これをどのように受け止めるかどうか次第ということになります。成立時期と、与えられた時期は異なります。成立以前に、運用されてた様ですからね。イエスは、りっぽを成就しに来ました。聖書の中のイエスは、旧約聖書を部分的には知りませんでした。ルカ福音16:19-31で乞食ラザロは天国へ金持ちは地獄へ、と言っています。金持ちは「自分が地獄に行くのは仕方ないけど、遺族が行いを改めるように警告をしてくれないか」とお願いします。しかしアブラハムに「モーゼや預言者がいたので彼らに耳を傾けろ」とせせら笑われます。しかし神はアブラハムにこの世の富をご褒美としてあげています。創世記24:34-ルカ福音はイエス死後50-60年あとに書かれましたが著者は、創世記24:34~、のことを知らなかったと思われます。>旧約聖書が制定されたのはAD90だと言われてますので色々混在していた時期ではあるボク、誰からそんなデタラメ吹き込まれたの?一番新しい旧約聖書の本はマラキ書だけど、それでもイエスの時代から400年も前だ。そのAD90っての、どっから出てきた数字だよ。全く信じていませんでした、その事に悩んでおられます

  • ボクシング 高校の時空手部のXから人間は誰でも1つは才能
  • 京都の新大学生必見 大学生が住むならどちらが便利でしょう
  • チョコビスケット アルフォートにはホイップクリームをつけ
  • 第189回国会 お聞きしたいのですが山口4区とは在日が多
  • Takeshi 日韓は同じ自由主義国どうしで貶し合って何

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です