訂正:政府 テルス戦闘機F35多数購入するて感謝表たい述

訂正:政府 テルス戦闘機F35多数購入するて感謝表たい述。まだ予算案は通っていないから「新たな購入を決定した事実はない」になるかね日本の主力戦闘機の基本設計は30年前のものです。<外交>日米首脳会談 大統領、未定の戦闘機購入「感謝」 テルス戦闘機F35多数購入するて「感謝表たい」述べた 日本政府同行筋会談後、「新たな購入決定た事実ない」 本当どっちか? ネトウヨ回答F。航空自衛隊はステルス戦闘機こそが空を制すると。世界最強の称号を欲しいまま
にしていたステルス戦闘機「-」の購入を先ずアメリカに望みました。~
年中期防衛計画の期間内に新戦闘機機を取得するとして-Vol。印刷に使用することを目的とした。高解像度。ロイヤリティフリー画像素材集。
アメブロながら。女優?酒井若菜が。演出家?テリー伊藤への感謝を綴った
長文ブログ同2日午前10時。全米向けにテレビ演説を行い。新戦略などを
発表すると述べた。次期戦闘機に採用へ。機購入で調整 防衛省 うぅ~ん

訂正:政府。政府は米国製の次世代ステルス戦闘機F35を中期的に100機程度購入する
方向で検討に入った。複数の関係筋によると。5年間で40機程度を購入し。
その後に60機程度を継続購入。総額1兆円程度の調達コストをトランプ大統領も感謝。トランプ大統領が米製品の輸出増を進める中。日本の防衛費拡大が加速している
。計画中期防では。1機当たり億円超の米ロッキード?マーチンの最
新鋭ステルス戦闘機Fの追加導入などが盛り込まれた。米政府を通じて高
性能な装備品を購入する有償軍事援助FMSで調達するFや陸上配備型
迎撃ミサイルシステム「は日。「防衛関係費だけがチェックされず増えて
いくことは。この財政状況からしても許されることではない」と述べた。

「アメリカから数多くのステルス戦闘機F35を購入することに感謝。アルゼンチンを訪れている安倍総理大臣は1日未明。アメリカのトランプ大統領
と会談し。中国に対して経済面や安全保障面で建設的な役割を果たすよう促して
いくために緊密に一方。トランプ大統領は。日本政府が最新鋭のステルス戦闘
機Fを多数購入することを約束し日本との間の貿易赤字は巨額だが。安倍
総理大臣と協力して速やかに不均衡を是正したい」と述べました。トランプ氏は日本が最新鋭ステルス戦闘機F35を多数購入する。日米首脳会談 大統領。未定の戦闘機購入に「感謝」 毎日新聞
が最新鋭ステルス戦闘機F35を多数購入するとして感謝を表したいと述べた

外交:日米首脳会談。の評価をしたうえで「是正するように安倍首相と協力していく」と述べ。日本
にさらなる努力を求めた。これに関連しトランプ氏は。日本が最新鋭ステルス
戦闘機F35を多数購入するとして「感謝を表したい」と述べた。テルス戦闘機F35多数購入するて感謝表たい述べたの画像をすべて見る。

まだ予算案は通っていないから「新たな購入を決定した事実はない」になるかね日本の主力戦闘機の基本設計は30年前のものです。改修?改良して使ってきましたが、製造年に応じて順次退役になり始めます。置き換える機種が必要です。次期戦闘機についてはBAEと共同開発するのか、ロッキードと協同開発するのか、決まってもいません。まだ先になる話です。他の方も答えてはいますが???近代化改修での予算もなし老朽化 陳腐化 旧式化での 近代化改修済機ではない 機体番号での F-15J 約100機数程度はあるし???F-4EJ改での後継機として、F-35Aを導入改修をしていない機数分での F-15Jの後継機をどうするのか?F-35Aにする であろう???等の事は、以前での昔数年以上も前から、軍事関係者での詳しい?者等の間では、おおっぴら&または、密かに?されていたダケでの事!記事を見れば解る話ですが、あくまでも「F-35を100機導入する検討をしている」という範囲の話です。どこにも正式に決定したなどとは書かれてはいません。なのでまだ正式に決定などしていないので、日本政府や防衛省としては「新たな購入を決定した事実はない」としか言いようがないのです。今の時点で購入が決定したと考えてる人がおかしいんです。F-35AをF-4EJ改の後継として42機の導入を決定した段階民主党政権下で、近代化改修をしないF-15J/DJの後継も、F-35AF-35Bも?になるだろうなというのは、多少、勉強しているマニアなら殆どの人が思ったはず。トランプ大統領に言われたから買ったというのではない。仮に別の戦闘機にしたとしたら、整備面などで面倒な事になるだけで、何も良い事はない。近代化改修しないF-15J/DJが100機前後保有しているから、F-35の100機導入を検討というのも妥当な数。また、RF-4E/RE-4EJの後継機も考えても、F-35は妥当な航空機。第501飛行隊は解散し、戦闘機部隊として衣替えするそうだから、戦術偵察機をどうするのかという問題もある。なお、近代化改修するF-15J/DJ MSIP機は、ミサイルキャリアー化する構想もある。パヨクは都合が悪くなるとネトウヨで済ませるな。どっちも本当。100機という大量購入をする以上、既に製造会社のロッキードには通達しているはず。通達=購入確定ではあるものの、まだ正式に購入を発表したわけではない。A会社の内定を貰ったものの、入社式まではA社の正式な社員ではないでしょ。それと同じ。F-35を100機程度買うのは既定路線だったからです。今まで買ったF-35A 42機は、博物館級だったF-4EJ改原型機はベトナム戦争時代の物の代替として調達された物です。次に問題なのが、F-15Jのうち前期型pre-MSIP約100機でした。これらは近代化改修が困難かつ老朽化が進んでいるので、買い換えるしか無いのです。その候補として現状F-35以外あり得ないので、何年も前から買うだろうとは言われていたのですよ。よって購入決定内定?したのはかなり前の筈で、アメリカとの交渉は進んでいたでしょう。だから「新たに購入した訳では無い」のです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です