鉄道営業法 女性専用車両運送契約上健常な男性乗れません反

鉄道営業法 女性専用車両運送契約上健常な男性乗れません反。楽しそうですね。女性専用車両運送契約上健常な男性乗れません、反論ありませんか 理論的な反論期待ます 理屈なのただ乗れる、控えてください 無駄ので…「女性専用車両」違憲訴訟。男性たちは「女性専用車両は本来。誰でも自由に乗車できるのに。健常な成人
男性が乗車することを事実上禁止している」として。「憲法でってか女性専用
車両作るんだったらそれ専用のチケット用意しなきゃダメじゃね?事実上「
専用」となってるものを書面上専用ではないと言い張って通るいいご身分ですな
。女性専用車両を作っても痴漢件数は一向に減っていませんが。女性様のため
に男の乗車を一切禁止する車両です。乗れる人は今までといっしょ?女性専用車両は“男性差別”?という声に鉄道会社はやれることはある。各路線とも女性専用車両を備えているが。この専用車両を巡ってもトラブルが
起きてそのため女性専用車両に反対する男性グループが。拘束力がないことを
確認するため?任意確認乗車?という名目で乗り込むこのような男性の行為を
不安?不快に思う女性へのケアが必要だと思うかという問いに?必要?と答えた
会社はなく。男性とそれもせずに『女性専用車両は男性差別だ』と騒ぐのは。
被害が見えていないか。女性を差別したいかのどちらかです?梁さん

女性専用車両運送契約上健常な男性乗れません反論ありませんかの画像をすべて見る。女性専用車両の意図的に乗り込む暴挙。東京メトロによると。女性客から「専用車に男性がいる」と申告があり。駅員ら
が乗っていた男性3人に降りるように説得鉄道会社は。鉄道運輸規程第条
即ち駅の係員の職務上の指図に従い鉄道設備を利用して運送する意思しか
ありません。よって健常な男性客は運送契約上も乗れませんこれが私法上の
理由です…あえて女性専用車両に乗る?男性の言い分?。関連記事。男が知らない?女性専用車両?乗客の行動実態知らずに乗り込んだら
それが女性専用車両で。路線の女性専用車両に。仲間とおそろいの「女性専用
車は法律上も契約上も誰でも乗れます」というロゴが背中に入った

鉄道営業法。女性専用車両だった。という冷や汗体験はないだろうか。いまやすっかり定着
した感があるが。乗り慣れていない男性が間違って乗ってしまうケースもある。
現行の女性専用車両に。鉄道営業法条号の適用は想定していません。女性
専用車両は。鉄道事業者が輸送サービスの一環として実施しているもの。法的な
強制力はありませんが。利用者のご理解とご協力のもとで成り立っています」「ドクター差別」の議論の誤りをとことん洗い出す女性専用車両は。私は。か弱そうに振る舞う女性が好きでは有りませんが。真に被害を受ける女性
と痴漢の冤罪に合う男性が無くなることを深く祈ります。乗客と鉄道会社が。
訴訟をしたら。鉄道会社は乗れないと主張。乗客は乗れると反論よって運送
契約上においても女性専用車両は健常な男性は乗車出来ない女性専用の車両
ということになり。女性専用車両は少なくとも切符を使って女性専用車両から
他の一般車両に移るのか。それとも乗らないかは健常な男性の裁量です…

楽しそうですね。ですが残念ながら女性専用車両には誰にでも乗ることができます。なぜなら女性専用車両は法律上 存在していないものであるからですつまり、専用車両という名前が嘘なのです。鉄道会社は女性専用車両に男性は乗るなと思っているでしょう。しかし日本は法治国家であるため、いくら鉄道会社が拒否していても法律で乗れることが認められている以上誰でも女性専用車両に乗ることができます。過去に女性専用車両に乗っていた男性が無理矢理電車から降ろされたのですが裁判したところ勝てなかった、という例があったそうです知恵袋の女性専用車両信者から教わりましたですがこの事件を含め女性専用車両に乗った男性が罪に問われた例は聞いたことがありません。罪に問われない以上、男性は女性専用車両に乗れると考えた方が良いでしょう。鉄道会社に確認しました。乗れると言っているので、乗れますね。そうですね、それには議論があるようですが私はその辺に疎いので正しいと仮定しても終日運用でない線区で対象時間外に乗車すればなんの問題もありませんね。「運送契約上も健常な男性は乗れません」の根拠って何ですか?「大阪市交通局も「女性専用車両は性別による差別ではないのですか?」という問いに対して「女性専用車両については、女性のお客さま及び男性のお客さまのどちらにも『旅客運送契約上の義務が発生するものではなく』任意のご協力のもとに行っているものであり、強制力を帯びないことや導入した目的の趣旨等から差別には当たらないと考えています」と、あくまで任意協力であると回答している。」らしいですけど。まだやってるんですね笑お久しぶりです。「国交省が何と言ったのかはあなただけが知る内容です…」↑あなたも国交省に問い合わせれば、同じ回答がもらえるのでは?あなたは今まで自分の理論を押し付けるだけでした。あなたが何と言っても、「国交省が言ってたからと」言えばあなたの敗けです。そうでしょ?あなたより国交省の発言の方が正確なのですから。まずは国交省の担当者と話してから文句を言うべきでは?「女性専用車両とはそれぞれの男性の任意の女性保護車両」です。悪魔でそれぞれの男性がそれぞれ勝手に女性専用車両に賛同しているだけなので、一部の男性がそれを拒否しても何ら問題は無いと思います。現に裁判所も鉄道会社も男性の女性専用車両の乗車を認めています。もし、これに法的拘束力があるというのならば、それは憲法に違反すると思います。ただ故意に乗るということに関しては、周りの空気や習慣を壊すという意味でマナー的にどうかとは思いますが…。要するにトイレと同じです笑この質問者は言い返せなくなると意味がわからないと言って逃げますので回答するだけ無駄です私は10年以上は女性専用車両というステッカーを貼った一般車両に乗車している健常な男性ですが、降ろされたことは一度もないですよ。理論的な反論とはどのような物かは分かりませんが、国交省に問い合わせれば男性にも女性にも義務はないという回答をいただきました。義務がない以上男性は女性専用車両というステッカーを貼った一般車両に乗車できますし、女性は女性専用車両というステッカーを貼った車両に乗らなくてもいいと言うことです。ちなみにご存じかも知れませんが全ての鉄道会社は国交省の所轄です。国交省が男性が乗れると言っている物を鉄道会社独自の判断で乗れないと言うことはできません。それは国交省が法律と照らし合わせて男性が乗れなかったら憲法14条に違反すると判断したからです。なので現在鉄道営業法34条2項に婦人のために儲けたる車両に男性がむやみに入ってはいけないという大日本帝国憲法の頃にできた法律がありますが、国交省は適用しないと言っています。大日本帝国憲法に頃は通じたのでしょうが、現行憲法に違反していますからね。そして憲法98条にはこの憲法に反する法律は効力を有しないと書かれています。なので鉄道営業法34条は適用することができないのです。なので他の法律を作っても同様ですよ。憲法14条がある限り男性が乗れないという法律は作ることとはできません。もしそのような法律が作れたらアパルトヘイトの再現になってしまいますからね。アパルトヘイトは属性による差別です。人種という本人に何の責任もないただ黒人に生まれたと言うだけで差別されてきました。男性に生まれたと言うだけで乗れない車両があるなどあり得ないことです。なので憲法14条で禁止されているのです。あれって専用とは名ばかりの任意じゃなかったでしたっけ?一度間違って女性専用車両に乗ってしまったことがあります。教えてくれた女性に「あー、出た方が良いですかね」って聞いたら「別に良いでしょ」って言われました。さすがに恥ずかしいですし次の駅で車両変えましたけど笑その後一応迷惑かけたと思ったので駅員さんに謝ったら駅員さん「男性禁止って事はないですから大丈夫ですよ」私「専用なのにですか?」駅員さん「そういう名前にしてるだけです」って言われました。自ら乗ろうとは思いませんが、てっきり優先程度のものだと思ってました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です