2次関数のグラフ Cx軸方向ay軸方向a^2だけ平行移動

2次関数のグラフ Cx軸方向ay軸方向a^2だけ平行移動。1y=x^2?2x?1。2次関数y=x^2 2x 1あり、グラフCする ⑴Cの頂点の座標めよ ⑵a定数する Cx軸方向a、y軸方向a^2だけ平行移動たグラフ表す2次関数y=f(x)、f(x)=x^2+bx+cする b、cぞれa用いた式で表わせ ⑶ ⑵のき、2≦x≦4おける関数f(x)の最小値a用いて表わせ ただ、a>1する の答えお願いたい できれば途中の式??12。ある次関数のグラフを軸対称移動し,さらにそれを軸方向に に関して ところ =
のグラフ – , 軸方向にだけ平行移動したが得られた。 こ の とき,もとの次
関数を求めよ。 例題 放物線 = ++ を軸方向に , 軸方向にゃCx軸方向ay軸方向a^2だけ平行移動たグラフ表す2次関数y=fxfx=x^2+bx+cするの画像をすべて見る。

2次関数のグラフの平行移動の解き方[y=ax2+bx+cをx軸にp。2次関数のグラフの平行移動 =2++ ここでは。この関数のグラフを軸方向
に4。軸方向に?2平行移動したときに得られる放物線の方程式を求めてみま
しょう。 =2++のグラフを軸方向に内容に依存しない発話。反例説明 2次式で表される関数を提示する。 反例説明 がに反比例。y=/
。 現象説明 空の水槽に。一定の速さで水位関数[の定義] タイトル 関数; 根拠
説明 数学では2つの数量の関係を文字式やグラフに表して調べることが多い。
名称説明 点の位置を表すために2本の数直線で定めた平面を座標平面という。
式説明 点,を点,に平行移動するには。軸方向に-。軸方向に-。
意味説明 点を軸方向に。軸方向に平行移動すると。座標が,だけ大きく
なる。

2次関数のグラフ。例題3 = のグラフを 軸方向に , 軸方向に 平行移動してできる曲線の
方程式を求めよ。 [解答] 前の章で行なった平行移動の方法を用いてみます。 =

1y=x^2?2x?1 =x?1^2?2頂点の座標は、1,?22y=x?a^2?2x?a?1+a^2 =x^2?2ax+a^2?2x+2a?1+a^2 =x^2?2a+1x+2a^2+2a?1=fxよって、b=?2a?2c=2a^2+2a?13y=x?a?1^2+a^2?2a1より、a+12i2a+14のとき、即ち、1a3のとき、x=a+1のとき、最小値 a^2?2iia+1≧4のとき、即ち、a≧3のとき、x=4のとき、最小値 16?8a?8+2a^2+2a?1=2a^2?6a+7となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です